得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は気をつけた方が良いです。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。

好き、を仕事にしたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私の場合、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で飲食業界で働いていました。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で任されていた業務は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係にとても悩まされました。ということが引き金となって仕事をやめることにしたのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物さえも嫌になり、その系列の店にはしばらく経った現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の大好き、を仕事にしたいと夢をみるのは素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて尋ねる必要がありそうです。

転職で職場を新しく換えるということは、自分に見合っ・・

転職によって仕事先を一新するということは、自分自身に適合する新たな就職先に再就職したいものです。職種を変えることで、自分の天職にありつくことができるかもしれません。が、現実に行動する際は、転職先にふさわしいスキルが必要不可欠です。逆をいうと、あなたの技量次第で天職に就くことができるチャンスがある、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が一般敵に広く受け入れられているので、転職を決断したとしても偏見を持たれる心配もありません。人の流動性が高くなりつつある現代は「とにかく良い人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、このチャンスを狙って転職を考えてみましょう。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう決意してしまう人がずいぶん多かったりします。何故かと考えてみると新たな気持で転職先の職場で勤務を始めてみたものの、「自分の考えていたものと大きくかけ離れていた」「職場環境が受け入れられなかった」と考えて別の仕事を探すのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、初歩として、情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、給与システム、などいろいろ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

新しい就業先ではいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職する企業で、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、転職した年度は、大概試用期間を含んでいる会社が多かったりもします。私の場合、四苦八苦して転職して悲しいことに前の職場での年間報酬とあんまり同額ということがありました。そればかりか、業務は多様で忙しく、とても責任を伴い初年度を乗り越えるのにひどく労力を伴いました。そういった実体験から、転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、十分に転職する以前に貯蓄しておくことに尽きると思います。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。しかしながら、忙しく働きつつ求人をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に挑む、というのは大変です。さらに転職活動時は、今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、書類選考を通過し、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自分で直接、応募したとしても相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを理解しておく必要があります。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました